保育士や衛生管理者になるには資格が必須【レッツスタディー】

勉強

学校に通う

勉強

保育士として働くに当たって、大切なのが資格を取るということです。保育士には国家資格があり、資格を取得した後は免許更新の必要はありませんので、一度取ればずっと活かすことができます。女性の場合は、妊娠や出産などで保育の現場を離れることもあります。そのような際に、保育士の資格をしっかり取得していれば再就職が大変有利になります。安定したライフプランを設計したいという方は、必ず保育士の資格を取るようにしましょう。保育士の資格を取得する方法は、二つに大別されます。1つは、毎年行われる保育士試験に合格するというものです。独学で勉強して資格を取得する人はいますが、決して楽なものではありません。わからない点があっても質問する相手がおらず、効率が良いとは言えません。確実に保育士の資格を取得する方法として、学校に通うという方法が挙げられます。
厚生労働大臣が指定した学校に通って、課程を修めることによって保育士の資格を習得することができます。保育士の資格を取得できる学校として挙げられるのが、専門学校や短期大学、大学等です。このような指定保育養育施設に進学しましょう。学校に通うメリットとして挙げられるのが、授業だけでなく様々な実習も受けられるという点です。実際現場に行って仕事を体験することができるので、卒業後は即戦力として活躍することができます。また、同じ目標を持っている仲間がいるという点も大きなメリットです。分からない点を教え合い、励まし合う仲間がいることでより学習の効率が上がります。また、卒業後も保育に関する情報を交換し合える仲間が出来ます。このような点から、学校に通って保育士になる方がより効率的と言えます。